知的障害で自閉症の息子との話

知的障害で自閉症の息子とのこと・育児について書いています

入学式☆~心に残った言葉~

特別支援学校の入学式の話です。

コロナ以前の話です。

 

<当日の流れ>

受付

控室で先生たちと顔合わせ

 

式場へ

子どもと保護者1名が

学級担任と一緒に

入場します。

 

入学式

決まった座席(プリントで確認)

に座ります。

 

新入生は名前を呼ばれます。

可能な範囲で

返事をしてくださいというお話でした。

 

式終了

集合写真撮影(各家庭保護者2名まで)

 

スクールバス打ち合わせ

自分のバスコースの運転手さん、添乗員さん

との顔合わせ

通学で乗るバスコースの確認をしました

 

保護者会

各家庭保護者1名

子どもたちと保護者会に出席しない保護者は

別の教室で待機

 

教室の位置の確認

 

終了

 

となりました。

 

本校では「子ども一人ひとりを守り、育て伸ばす学校」を目指して

教職員が一丸となって努めていきます。

 

当時の校長先生の話の中で

心に残っている言葉です。

 

守ってくれることもそうですし、

育て伸ばすといってもらえたことが

嬉しかったです。

 

☆読んでいただきありがとうございます☆

 

 

 

 

 

 

 

大きなリュック

特別支援学校に通う前の春休み

持ち物を用意しました。

 

その話はこちら☆

 

詳しく書いているのはこちら☆

 

持ち物は毎日たくさんあります。

 

希望すれば、

ランドセルも可能だそうです。

 

ただ、

荷物が多いのでランドセルに入りきらず、

別のバッグを用意することになってしまうそうです。

 

いろいろ検討されるかと思いますが、

実際にはリュックの方が多いですという

お話でした。

 

リュックの大きさは35リットル以上と

教えてもらいました。

 

35リットル以上の大きさとは、、

中高生のリュックの大きさと

いえばわかる方が多いかと思います。

 

これから小学生になる息子には、

大きい、大きい、大きすぎる、、。

となってしまう大きさでした。

 

通学バスがあるので

背負っている時間が短いとはいえ、

この大きさには

ビックリしました。

 

というわけで、

息子がリュックに慣れるため、

背負って散歩に行きました。

 

リュックの中身は、

息子の洋服をいれました。

 

何か入っている方が

練習になるかと思いました。

 

歩いている息子のうしろ姿は、、

リュック(^^;

 

リュックが歩いている

動いているような感じでした^^

 

本人が

嫌がることはなかったです。

どちらかというと、

楽しそうでした。

 

練習しておいてよかったと思いました。

 

☆読んでいただきありがとうございます☆

特別支援学校の持ち物

特別支援学校の持ち物はこちら☆

持ち物について詳しく書いた話はこちら☆

毎日持っていく

タオルの枚数が多いです(^^;

<タオル>

洋服のポケット用

体操着のポケット用

ループタオル

給食のおしぼり用

 

洋服のポケットから

体操着に着替えたときに、

 

自分でタオルを

移動できればよいのですが、、

難しいのです。。。

出来るお子さんもいます。

 

月曜から金曜まで5日分

全部で20枚用意しました。

 

毎日

4枚用意していると思うと、

多いです(^^;

 

<給食袋>

スモック

おしぼりを入れるケース

 

<図工袋>

スモック

 

給食と図工のスモックは

柄の違うものにしてください

と指定がありました。

 

本人がわかりやすいように

ということでした。

 

連絡帳ケース

連絡帳ファイル

 

連絡帳ケースは毎日持っていきます。

 

連絡帳ファイルには

連絡帳の紙をファイリングしていきます。

毎日先生とのやり取りをします。

 

学校からの

お手紙類はここに入ってきます。

 

持ち物も書き出してみると、

たくさんあります。

 

今は慣れましたが、

最初は持ち物を確認して

確認して、、

 

私が

学校に通っている気持ちで

用意しています^^

特別支援学校の持ち物

特別支援学校の持ち物について

書いていきます。

こちらの続きです☆

 

 

給食を食べた後に毎日歯磨きをします。

コロナの感染を防ぐため現在は

歯磨きは中止となっています(>_<)

 

<歯磨きセット>

歯ブラシ

コップ

きんちゃく袋

 

通園していたころに

持っていっていたものと

同じものにしていました。

息子が自分のものとわかりやすいと思ったので^^

 

<靴>

グラウンド用

行きかえり用

 

グラウンド用は学校に置きっぱなしです。

外の体育の時や近くの公園に

歩いていくときに使っています。

 

行きかえり用は

自宅から履いていくものです。

 

うわばき

うわばき袋

 

うわばきは

月曜に袋に入れて持っていき、

金曜に袋に入れて持って帰ってきます。

 

<予備袋>

衣類上下

体操着上下

パンツ

肌着

おむつ

タオル

くつ下

 

この予備袋が小学校にはないと思います。

 

入れ忘れてしまった時(私が(^^;)

と着替えが必要な時に

全てが入っている予備袋は学校に

置きっぱなしにしてあります。

 

季節によって中身は入れ替えたり、

使用したものは持ち帰り

家から補充します。

 

学期の始まりにもっていき、

学期の最終日に持って帰ってきます。

 

☆読んでいただきありがとうございます☆

特別支援学校の持ち物

特別支援学校の持ち物について

もう少し詳しく書いていきます。

 

息子が入学前の春休みに用意しました。

その話はこちら☆

 

学校に着いたらすぐに着替えます。

 

学校で過ごす服装は

体操着になります。

 

<体操着>

長袖

長ズボン

半袖

半ズボン

 

季節によって調整します。(私が^^)

冬はさらに無地のトレーナーを防寒具で用意しました。

 

体操着は、

体に対してワンサイズ大きめを用意しています。

 

着替えやすいことが大切と教わりました。

 

体にフィットしていると、

本人が自分で

着替えにくくなってしまうという

お話でした。

 

体操着袋には

たいそうぎぶくろ とひらがなで書いて、

その下に本人の名前もひらがなで書きました。

 

誰の何の袋か

わかるようにしておくことが大切です。

 

息子本人が

これ自分のふくろです

とわかればよいのですが、

わからないので(^^;

 

<水筒>

水筒はコップ付きのタイプを用意するように

お話がありました。

 

飲んだ量がわかりやすい・教えやすい

というのが理由だそうです。

 

例えば、

たくさん飲んでしまう子には

○杯で終わりにしよう

 

あまり飲むことが進まない子は

1杯飲んでみよう

息子はこのタイプです。

 

と声かけがしやすい

本人にもわかりやすい

という説明を受けました。

 

持ち物についての説明をうけると、

 

どうしてそうするのか

どうしてこれを用意するのか

 

がよくわかりました。

 

☆読んでいただきありがとうございます☆